薄毛にならないシャンプー選び

育毛失敗の原因2 もっとも大切なシャンプー選び

毎日洗うためには「薄毛にならないシャンプー」を

育毛シャンプー

目的別に分けてシャンプーには3通りあります。

1.美髪を目的としたコンディショニングタイプ。

2.頭皮の育毛環境を目的とした頭皮ケアタイプ。

3.育毛ブームにつけこんだ便乗タイプ。(ニセ頭皮用)

ほとんどのシャンプーは上記1のコンディショニングタイプ。洗った後の感触のいい髪を作る目的で作られています。薄毛が心配な人への配慮はほとんどなされていません。

また「スカルプシャンプー」という名目ですが、頭皮への配慮はほとんどなされていない3の「便乗タイプ」も多いので気をつけましょう。

薄毛の頭皮や毛穴は、育毛環境が悪化しており頭皮も老化しているケースがほとんどです。
この弱り衰えた頭皮は、やさしいシャンプーでもダメージが大きく、シャンプーの成分が毛根部まで浸透して毛を作る細胞を攻撃し、ますます薄毛・細毛が進行していきます。

だから頭皮用(便乗タイプはいけません)のシャンプーを正しく使うようにしましょう。


なぜシャンプーが怖いのか

炎症

どんなシャンプーでも基本的に「界面活性作用」で髪や頭皮を洗う仕組みになっています。

植物性とか自然のものでつくられたから安全、石けんだから安全ということはなく、シャンプーはどれも全部危険なのです。

危険だからよく洗い流すのです。その危険な界面活性剤をいかに頭皮の中に入れないか、髪に残留させないか、危険性を軽減するかが問題なのです。

薄毛の弱った頭皮や防御力が低下した頭皮に使って、しかも頭皮の育毛環境をよくするような処方設計されているのが頭皮用シャンプーなのです。

世界で最初に「頭皮用シャンプー」を開発した当社が、いちばん頭皮用シャンプーのことは理解しています。便乗タイプの頭皮用(スカルプ)シャンプーが多いのは残念です。
深く悩んでいる方に気の毒です。


頭皮用シャンプーだけでも毛は増えるし元に戻せる

シャンプーだけでも

薄毛の予防なら、頭皮用シャンプーを正しく使えばじゅうぶん予防は可能です。

とくに薄毛の遺伝を気にしている方は、家族で使う人も多くなってきました。

男性の場合、1ヶ月に約1500円くらいなので、薄くなって何十万・何百万使うよりも、安心です。(育毛サロンを体験した人の多くは、この言葉を口にしています)

薄毛の予防は薄くなってからの育毛手当の費用よりも1/10以下ですみます。
第一不安な毎日を送ったり消極的な人生を送らなくてすみます。

↑ PAGE TOP