育毛失敗の原因 もくじ

育毛失敗の原因 もくじ

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳しいページに行きます。

・薄毛の危険信号を見逃している

多くの人は「抜け毛が多くなって」も気付かないか、気付いても放置します。
ボリュームが減ってきてもまだ手当をせず、地肌が見えだしてからあわてて手当をする人がほとんどです。しかし、薄毛の兆候を逃すと高い費用と長い期間の労力がかかり、その上改善率は低くなるので不安が続くことになります。

・シャンプー選びが最も重要

シャンプーは目的別に分けて3通りあります。髪の毛をきれいに見せるコンディショナータイプ、頭皮の育毛環境を整える頭皮用シャンプー、それから、便乗タイプ(ニセ頭皮用シャンプー)。ほとんどのシャンプーはコンディショニングタイプで感触のいい髪にしますが、頭皮への配慮はなされていません。

・シャンプーの使い方

シャンプーは目的別に分けて3通りあります。髪の毛をきれいに見せるコンディショナータイプ、頭皮の育毛環境を整える頭皮用シャンプー、それから、便乗タイプ(ニセ頭皮用シャンプー)。ほとんどのシャンプーはコンディショニングタイプで感触のいい髪にしますが、頭皮への配慮はなされていません。

・シャンプーで損をする

20才の女性が平均年齢までの65年間に使うシャンプーの消費金額は平均150万円。そのうえにリンス、トリートメント、コンディショナー、スタイリング剤を使うので、ヘアケアの合計では270万円も消費しています。これを安くする方法は育毛シャンプー。

・ダメージヘアの原因はシャンプー

20代から50代にわたり広い年代層で「髪がパサつく」という女性が増えています。いいシャンプーやトリートメントを使っている人でも、なぜ髪かパサつき、ダメージがひどくなっていくのでしょうか。の原因は、いま使っているシャンプーにあります。

・育毛の情報集めで失敗

メールでの育毛相談で「何が本当に正しいのかわからなくなる」といわれる方が実にたくさんいらっしゃいます。場合によっては正反対のことまで書かれていることも少なくありません。

・ヘア商品の選び方・使い方

顔に使う化粧品やヘア商品は「使った感触」がよくないと売れないため、メーカーは「感触をよくするため」界面活性剤を多く用いたり残留性の高い商品になっています。これが薄毛や肌荒れ、頭皮荒れの原因になっています。

・本人の体質を考えた育毛法を

「シャンプーなどが皮下に入りやすい体質」、「血液を末端まで循環させにくい体質」「皮脂やタンパク質が早く酸化してしまう体質」「ストレスを強く受けやすい体質」「血管が収縮しやすい体質」など人によって体質が違います。育毛は自分がどの体質かを見分けて手当を組み立てることが必要なのです。

・育毛剤の選び方、使い方

残念ながら育毛剤はどのような状態の薄毛や頭皮にでも、効くということはありません。効かない主な理由は「目的・方向が違う」か「頭皮が受けつけない」からなので、育毛剤や成分的な効果のせいではありません。

・サプリメントで失敗

育毛に効果のあるような宣伝をしているサプリメントも多く、これを期待して購入し飲み続けている人もたくさんおられます。しかし「これを飲めば(食べれば)毛が生えてくる」といった直接育毛に効くサプリメントはありません。ムダにはなりませんが、価格ほどの効果はありません。

・育毛相談をするところ(人)で失敗

テレビや雑誌でよく見かける育毛サロンの体験者(効果のでなかった)がいろいろな情報を話してくれます。最初の頃は30万円払ったという話にびっくり。しかし今は350万円も払ったとか800万円も使ったなど驚くよりも呆れてしまいます。

・育毛をすぐあきらめる、あきっぽい、疑い深い

シャンプーは目的別に分けて3通りあります。髪の毛をきれいに見せるコンディショナータイプ、頭皮の育毛環境を整える頭皮用シャンプー、それから、便乗タイプ(ニセ頭皮用シャンプー)。ほとんどのシャンプーはコンディショニングタイプで感触のいい髪にしますが、頭皮への配慮はなされていません。

・自己流、寄せ集めの育毛は失敗の素

ネットでは椅子に座って膨大な情報が得られるという大きなメリットがあります。しかし逆に専門家でもだまされる情報も多いのです。手当者ではなく、起業家の戦略の1つとしての育毛情報が氾濫しています。特に「毛穴が詰まっている」などという決まり文句がありますが、毛穴が詰まっている人はこれまで数例しか見ておりませんし、毛穴の詰まりが薄毛の原因にはなりません。

・間違いだらけの育毛手当1

巷では育毛シャンプーや育毛のサプリメントが出回り、そして発毛率○%などという宣伝文句がよく見られます。果たしてそれらの商品は効くのでしょうか?

・間違いだらけの育毛手当2

育毛剤は「体質、頭皮の状態、進行度、炎症の有無」などを判断してから選ぶ必要があります。
また、使い方も細かく設定する必要があります。「薄毛にはこの育毛剤」と決めつけるのはマチガイなのです。

・シャンプーで悪化させている薄毛

薄毛の頭皮には「通常のシャンプー」は強すぎます。ますます頭皮を弱らせて、毛穴の内部まで育毛環境を悪化させます。薄毛の頭皮や毛穴は防御力が減少しているので、刺激の少ないシャンプーでも毛穴の内部まで浸透し細胞を弱らせます。

・孤独で寂しい薄毛の手当ではダメ

育毛は「専門家の診断やカウンセリング」が必要。じぶんで情報を集めて手当てをしても「その手当て、その商品がじぶんに適しているか」がわからないまま使い続けることになります。結果は薄毛を悪化させたり進行させてしまい、手当も複雑になり時間も長くかかることになります。

・育毛商品の選び方で失敗

育毛製品を使っても薄毛が治らないには理由があります。配合されている成分が効く量ほど入っていなかったり、配合成分のバランスが悪かったりと商品に原因がある場合もあります。また、同じ配合成分でも由来や産地、採集法、使用部位、精製法により効果は大きく違います。

・薄毛はなぜ治らない?

これだけ育毛の商品が氾濫して、手当法も多く紹介されているということは「決定的な商品や手当法はない」ことを証明しています。だから「効く商品」を探し歩くより、経験豊かな専門家を探してアドバイスを受けた方がよいのです。

・シャンプー選びの間違い

オーガニックシャンプー、アミノ酸系、天然もの、スカルプ用など様々なシャンプーが販売されています。しかし、オーガニックだからと言って、頭皮が回復したり、薄毛が改善するワケではありません。また、オーガニックとうたっているものでも、有効成分の配合量が少なかったり、低質なものが使われている場合があるので気をつけましょう。

育毛手当の経歴

今までしていた育毛手当の経歴を聞く理由は今後の手当の参考にするだけではありません。それは間違った育毛手当による後遺症の問題があるから。医薬品の育毛剤等を使っての育毛は、副作用面が出ている人が多いので要注意。

↑ PAGE TOP