ストレス性の薄毛は体質に適した手当を

ストレス性の薄毛・脱毛症が増えている

ストレスを強く受けやすい体質

ストレス抜け毛

右の写真はストレスで細胞分裂が低下して細くなっている抜け毛です。

ストレスを強く受け血管が収縮しやすい体質の薄毛は、このような抜け毛が多く見られます。
ケースによっては毛根の発育不全もよく見られます。

肩こり

この体質の人は、一般の育毛手当をしても良化する確率は低く、やはり体質に適した手当が必要です。

こうした影響は毛根だけでなく、体全体にもおよび「毛を作る余裕がない体質」と言えます。

当方では施術にプラスして、気・血・水マッサージをおこない、改善率を高めています。


ストレスの意味

ストレス

ストレスは誰でもかかっています。一方ストレスを逃れる方法もありますが、それがヘタな人もいて強く受けやすい体質といえます。

また体調や精神状態により一時的に強く受けやすい環境になることもあります。

多くの人が言うストレスは、本当のストレスではなく「回避できる、逃げられるストレス」です。本当のストレスは回避できないストレス(たとえば両親や子供が亡くなったとか)を言います。

ほとんどの人は「ストレスという言葉」に負けています。
ストレスがかかったと思いこむことで逃げているに過ぎません。

ストレスという言葉に負けてはいけません。


ストレス性の脱毛症や薄毛・細毛には気・血・水施術を

ストレス性の薄毛・細毛や脱毛症が多くなっています。
この状態と一般の薄毛をいっしょにして手当をしてはいい結果は出ません。

会員の施術

男性特有のストレスにポキッとおれるタイプ、女性特有の辛抱しガマンしておこるタイプ、やはり別々な手当が必要になります。

当方ではカウンセリング時にどちらのタイプか見分けます。それから適切な施術プログラムを組み立て施術をし、家庭での手当を組み立てています。

ストレスを感じているなら、自分のタイプを知らないで通常の手当だけをしても良くなりません。シャンプーや育毛剤に頼っている育毛手当をしないで、この際ストレスに強くなると共に薄毛・細毛も改善していく気・血・水育毛手当に切り替えましょう。


お茶を飲んで(アミノ酸)ストレスに克つ

健康茶

ある種のアミノ酸が不足するとストレスを強く受けやすい体質となります。

だから無茶なダイエットなどしているとアミノ酸不足となります。ストレスに弱くなってちょっとしたことでも大騒ぎしたり負けてしまうのです。

ストレスに弱い人はお茶を飲むとよいでしょう。(とくに理気健康茶がいい)お茶の中にはストレスに強いアミノ酸が含まれています。お茶を飲むことで体や心の緊張もとけ、リラックスできます。

とくに理気健康茶はAspergillus niger 黒麹菌が産生するアミノ酸で、その他のお茶よりストレスに強くリラクゼーション効果も高いのです。

理気健康茶は株式会社ヘルスケア・ラボが総発売元で、当方では施術中に飲んで頂いています。

↑ PAGE TOP