男性型脱毛症(AGA)の改善例

男性型脱毛症(AGA) 改善例

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの影響が強く治りにくいことは事実です。
でも男性ホルモンも原因の1つなので、その他の原因を改善することと、早めの手当をすること、それに下記のような条件がそろえば改善できます。

  • 薄毛の原因を調べる。(最低でも6つ以上はある)
  • 的確な手当法を組み立てる。
  • 的確なシャンプーや育毛剤の使い方を実行する。
  • 根気よく続ける。
  • 症状や進行度によっては、専門家の施術を定期的におこなう。

中途半端や自己流、かんたんな手当では良くなりません。


生え際部位がびまん的に薄くなるびまん性脱毛症

ひたいの後退(改善前)

改善前

ひたいの後退(改善途中)

改善途中

気の滞りが大きく影響しています。

育毛剤の使い方に工夫が必要で、症状の改善はゆっくり。

あきらめないことと、マッサージが必要です。


頭頂部から後頭部の薄毛

後頭部の薄毛(改善前)

改善前

後頭部の薄毛(改善途中)

改善途中

血の滞りからくる原因が多い。

原因によっては育毛剤の血管拡張作用だけでは効果は低く、頭皮マッサージにもコツがいります。

なので、頭皮マッサージをマスターする必要があります。


頭頂部の薄毛

頭頂部の薄毛(改善前)

改善前

頭頂部の薄毛(改善後)

改善途中

炎症、うっ血、浸潤、起炎因子など原因を特定しないで手当をしてもハズレが多い。

血管を拡張すれば毛が生えるなんて安易に考えないように。

原因に対応する手当をすれば比較的治りやすい。


頭皮の老化による薄毛

男性型脱毛症(改善前)

改善前

男性型脱毛症(改善途中)

改善途中

毛を育てることばかり考えてはいけません。

毛は頭皮から育っています。

まず頭皮と萎縮気味の毛穴を回復させることから始めましょう。

時間をかければ回復していきます。


虚血性の薄毛

虚血性の薄毛(改善前)

改善前

虚血性の薄毛(改善途中)

改善途中

頭皮の緊張など、血の流れが抑制されているか、流れにくい状態になっています。

血管拡張作用のある育毛剤である程度の効果は得られますが、「血の勢い」を増す手当をすること。


生え際の後退(M字ハゲ)

ひたいの後退(改善前)

改善前

ひたいの後退(改善途中)

改善途中

生え際の後退はM字ハゲなどと言われ、難しいのですが、回復できます。

伸び率や境界線、老化度などから総合的に考慮した手当法を組み立てる必要があります。

育毛剤の効果だけに頼る育毛法では改善しません。


↑ PAGE TOP