薄毛はカウンセリングが必要

薄毛の改善は、まずカウンセリングから

カウンセリングで半分は治せる状態になる

カウンセリング

薄毛に限らず慢性的な疾患や症状は、「なぜそうなるのか」という原因が本人に自覚でき、改善の方向性が見えれば無意識の領域で治していく体制になります。

ところが今おこなわれているほとんどのカウンセリングは「クロージング」で、相談者に契約させてお金を払わせ、育毛を続けさせるために用いられます。
(症状を大げさに誇張して、恐怖心をあおるのです)

薄毛の原因は最低でも6つ以上が複雑に絡み合って発症し進行しています。
その原因を詳しく調べて「原因の元を絶つ」根本プログラムを組み立てるのがカウンセラーの役目です。
カウンセリングした後は、すでに体が治る方向に向いているようにするのがカウンセリングの本分、カウンセラーの役目です。

当方では症状によりカウンセリングに時間をかけ、本人が治す気になるようにしております。
それが見られない人は施術を行いません。


真実の状態を見てもらう

毛髪

相談者のほとんどは「それほどまで悪くなっている」とは考えていません。
それは目に見える状態だけで判断しているからです。

でもマイクロ的なチェックの事実とカウンセリングで、目に見えない進行の事実を見てもらうと愕然とされます。

しかし注意していることは「相談者の目の前で真実のみを見せる」ことです。

よく後から「こんなに抜けています」と抜け毛を見せてパニックを起こさせ、脂漏性です、男性型との複合です、毛穴が詰まってます、などの虚仮威しをしている所もあると聞きます。
しかし、それと一緒にされないように注意しております。

しかし残酷なようですが、本人の薄毛の実情を知ってもらわないと手当を納得してもらえないので、写真で見てもらっております。

またこの写真や詳細データが、数ヶ月後に改善されているかどうかの判定材料となり、相談者にも安心してもらえるのです。


テスト施術のたいせつさ

施術

かんたんなチェックや観ただけで診断を下すのは危険が伴います。これでは隠れた兆候や特異性を見いだすことはできません。これでは効果に限界があります。

詳細なチェックと視認、それにテスト施術をして比較しなければ、実際の状態は判別できません。

当方では必ずテスト施術をおこない、施術後カウンセリングを行っています。

施術をしてみなければ気・血・水のバランスの乱れが正確につかめないからです。

結論としてほとんどの薄毛や脱毛症は気・血・水の乱れにより発祥したり治りにくくなっているので、「気・血・水のバランスを正す育毛」をしないとなかなか良くなりません。

例を挙げると、薄毛の原因について相談者から「ストレスが多くて」と言われる人が多いのですが、これは気・血・水の中の「気」の滞りにより薄毛が起こったり、手当をしても治りにくくなっているのです。

だから進行している薄毛やストレスから来ている薄毛の手当には、気・血・水のバランス調整を加えることで改善率は上がるのです。(気・血・水のことをカウンセラーが本当に理解しているかどうかは疑問のケースが多いのですが・・・)

↑ PAGE TOP