水を育毛の味方にする

知識  水を育毛の味方にする

毛髪活勢水で自然治癒力を取り戻す

体は60%以上の水分で構成され、細胞は水に囲まれています。
気・血・水の「水」が滞り、古い水が停滞したり冷えの原因になったりすることで、いろいろな症状や疾患が現れてきます。

つまり水が体の健康エコロジーに大きく関与しているのです。

残留

当店では「毛髪活勢水」の力で疲れた頭皮を休ませたり、緊張の緩和、炎症やうっ血の沈静化に使って成果を上げています。

微量の薬で大きな効果を上げるためには「機能性の水」を使い、頭皮や毛髪に適した水として「毛髪活勢水」を開発しました。

当方では、シャンプーや施術に使う水は全部毛髪活勢水を使っております。(お肌には「美肌活勢水を使っています)


薬におぼれる育毛

図

必死になって薄毛を治そうと育毛剤を大量に使っても、上図のように細胞は「薬におぼれた状態」になり、効き目が悪くなっていき、副作用も心配です。

そうなると「この薬は効かない」として、別の育毛剤を使いがちですが、細胞がおぼれた状態になっていることは同じなのです。

慢性病で薬漬けの状態になる怖さは皆が知っていますが、いまの育毛はその薬漬け状態の人が多く、頭皮を休ませて「自然治癒力」を高める手当が必要なのです。


いったん元に戻す

水

おぼれた状態の細胞を水の力で元に戻してあげる(ニュートラルにする)と、自然治癒力が高まり、微量の薬で大きな効果を上げることができます。

水は老廃物を外に出す浄化作用を持っており、その作用を大きくしたのが毛髪活勢水なのです。

毛髪活勢水を育毛施術や手当に組み入れることで、シャンプーや育毛剤を大幅に減らすことができ、細胞の自然治癒力を高めて皮膚のサイクルを狂わせません。

↑ PAGE TOP