育毛と毛髪の勉強会情報 もくじ

育毛と毛髪の勉強会情報 もくじ

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳しいページに行きます。

求人募集・提携点募集

・理・美容師の研修セミナー

無言でシャンプーする店(理・美容師)と、「髪を細くしない薄毛を予防するシャンプー法」をアドバイスしてくれる店 (理・美容師)のどちらをお客様が選ぶかは言うまでもありません。 理・美容師はもう一度自分が行っている業務をお客様の立場から組み立て直す必要があります。

・こんな将来ではないはず

理・美容学校で勉強しようとする生徒もいなくなり、学校がつぶれています。さらに人材難から優遇され、ますます理・美容師の技術力は低下していき、経営困難になっていきます。

・将来のために参加しよう

世界1の技術者でも「お客様が来てから」はじめて発揮できるとのこと。ましてシロウトのお客様が技術の善し悪しが判定できるとは限りません。 腕に自信のある美容師が美容室を開設し、最初はお客様が来ていたけど、しだいに客数が少なくなってきたという話をよく聞きます。

・将来、独立を目指すなら

美容師1人では同時に2人のお客様を満足させるには困難を伴います。しかし美容師2人なら3人のお客様もらくらく満足してもらえる仕事ができます。 それと同じように「1店舗の集客」はたかが知れています。

・第3日曜はたのしいセミナーの日

美容師の卵やプロも勉強に来るほど、本格的な勉強をしています。頭皮マッサージの力加減や指の配置など新しい理論に基づく内容になっています。

・理・美容室の売上を3倍に

社会の構造や人間の心理や行動が変化しています。しかし、今までどおりお客様が来られるのを待つ美容室ではじり貧になってしまいます。 ではどのようにすればよいのでしょうか。何が必要なのでしょうか。

・薄毛予防のシャンプーで成功

かんたんな言葉で簡単に売れ、リピートの多い商品などありません。 大切なのは商品力ではなく、商品が売れていくノウハウ、新しいメニューから勧誘しリピートしてもらうノウハウ、仕組みが必要。

・9万円で集客ホームページ

美容室1店舗当たりの人口は600~1000人。1人当たりの客単価は7000円くらいです。 年間来店回数は3.8回なので、「美容室経営のためには何人のお客様が必要か」はすぐ計算できます。 しかし年々3.8%ほど客数は減少しています。そこで集客手段としてホームページを提案。

・理美容室用セミナー

「医師 育毛」この言葉で検索してみてください。医師が本格的に育毛に乗り出してきました。 ある育毛サロンが「育毛」だけでなく、美容師を雇用して「美髪」にも乗り出してきており、他業種の参入は増え、ますます理・美容室を圧迫してきます。

↑ PAGE TOP