頭皮回復カラー

雑誌で頭皮回復(育毛)カラーが大評判

カラーが薄毛・細毛を進行させている

写真右はカラーして1週間後の頭皮。
すでに6回もシャンプーしているのに、カラー薬液が毛穴に固着して取れない状態になっています。

カラー薬液は毛穴の中にも浸透して、毛母細胞や内根鞘皮を攻撃して、抜けやすい状態になるし、細胞分裂の低下など細毛・薄毛の進行を早めていきます。

だから薄毛・細毛が気になる方、遺伝的に薄毛・細毛になりやすい方は、 通常のカラーやパーマはしないほうがいい。

当店では、頭皮を保護して頭皮を回復させるケアをしながらカラーをおこなっています。


カラー後の頭皮洗浄で、こんなに薬液が出てくる

頭皮洗浄により、写真右のような皮膚の角質の中や毛穴の中に残留したカラー薬液がたくさん出てきます。

1ヶ月後でもまだ薬液が残留しているケースも多く、いかにカラーが頭皮にダメージを与えているかが推測できます。

シャンプーで洗ったら取れるはずなのにと考えがちですが、シャンプーは汚れや薬液を逆に押し込む性質があります。シャンプーのやり方によって頭皮の育毛環境はすごく悪化していることになるのです。

このような環境を作らないためにも「シャンプーは頭皮用」にするべきなのです。


頭皮を回復させるカラー

写真右のような頭皮で通常のカラーをすると、確実に頭皮にダメージが及びます。毛が傷むだけではなく頭皮まで弱ってきます。

これを続けているうちに毛は細くなり、寿命は短くなってやがて薄毛・細毛に進行していきます。

このような方のために「頭皮回復(育毛)カラー」が開発され、雑誌で紹介されました。そして多くの女性が頭皮回復カラーに来られるようになりました。

価格は9,000円(税抜)と高くなく、トリートメント効果もあるので、ダメージヘアには割安になります。


↑ PAGE TOP