抜け毛の精密チェック

抜け毛  まず抜け毛の精密チェックを

抜け毛の精密チェック依頼者が急増

抜け毛チェックの依頼

毎日のようにたくさんの抜け毛が送られてきます。

いちばん多いのは「育毛サロンなどで手当をしていても、本当に薄毛がよくなってきているのか」調べてほしいという依頼です。

ネットでは公開できませんが、あきらかに方向違いの手当をしている人が多いことは残念です。

症状が変われば(よくなっても悪くなっても)手当法も変えなければ効果に限界があります。

「最初はよかったけれど、いまは手当に疑問を持っている」という人がたくさんおられます。(これにはいろいろな原因があります)
抜け毛を精密チェックして、現況を調べてほしいという依頼が増えています。

育毛は「薄毛の原因と現況」を調べてから手当を組み立てないと、いい結果は出ません。


毛穴の状態と毛の寿命が問題

毛の寿命

いま生えている毛の寿命は何年?

毛の寿命は男性で4年、女性で6年が平均です。
しかし薄毛の兆候はまず寿命に現れます。

いまはたくさんあるように見える毛髪も、寿命が短くなっていれば急速に薄毛は進行していきます。

薄毛の手当はまず毛の寿命や毛穴の萎縮度など目に見えないところを正確に把握して手当を組み立てたい。

抜け毛からは毛の寿命や毛穴の内部の老化度など、驚くほどの情報や注意信号が含まれています。 抜け毛の情報を基に的確な手当を組み立て実行しなければ的確な手当は難しい。


自己流の手当ではよくならない

薄毛を目で見て判断し、ネットで情報を集め、寄せ集めの手当をしている人がたくさんいらっしゃいます。

でもこれでは薄毛はよくなりません。

薄毛の原因は最低でも6つ以上が複雑に絡み合って発症し進行しています。毛穴の内部や毛を作る細胞の老化度は判断できづらいのです。

したがって自己流では的確な手当を組み立てることは難しく、効果にも限界があります。

やはり専門の機関で抜け毛を精密チェックしてもらい、それらの情報を基に的確な手当を組み立て実行した方が改善率は飛躍的に高くなるのです。

注意:育毛サロンでおこなっているチェックは割り引いて考えた方がいい。混合型とか脂漏性とか毛穴が詰まっているなど、 困難で回復に長くかかることを強調しているケースが多いが、その定義があいまいで、当方に来てチェックしてもそんな症状ではないことが多い。
それを基に手当をしたとしたら大変です。


抜け毛の採集方法と送り先

1.整髪時に抜けた毛
乾かすときや整髪時に抜けた毛を集めて「クシ」と表書きします。

2.枕・シーツに付着した抜け毛
枕やシーツに落ちている抜け毛を集めて「シーツ」と表書きします。

これを別々の小袋に入れ3000円を添えて、下記の住所へお送りください。
なお、回答はメールで行いますので、必ずアドレスを書いておいてください。

できればデジカメなどで頭全体と気になる部位の拡大を送ってください。

送 り 先

〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-2-16  サムティハイムエトアール2F
レストルクリニック 宛

↑ PAGE TOP