薄毛チェック事項 もくじ

薄毛チェック事項 もくじ

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳しいページに行きます。

・薄毛の自己診断チェックシート

多くの人は「抜け毛が多くなって」も気付かないか、気付いても放置します。
ボリュームが減ってきてもまだ手当をせず、地肌が見えだしてからあわてて手当をする人がほとんどです。 しかし、薄毛の兆候を逃すと高い費用と長い期間の労力がかかり、その上改善率は低くなるので不安が続くことになります。

・まずは頭皮の状態をチェック

頭皮の状態で薄毛の手当は異なります。頭皮の緊張度、炎症の有無、むくみ、毛穴の大きさと深さ、皮脂の状態(多い少ないだけで判断すると間違う)、 角化の状態、体質などを総合的に考慮して手当を組み立てる必要があるのです。

・抜け毛で進行度・老化度が分かる

シャンプーは目的別に分けて3通りあります。髪の毛をきれいに見せるコンディショナータイプ、頭皮の育毛環境を整える頭皮用シャンプー、 それから、便乗タイプ(ニセ頭皮用シャンプー)。ほとんどのシャンプーはコンディショニングタイプで感触のいい髪にしますが、頭皮への配慮はなされていません。

・薄毛が改善しない理由

当レストルの元には毎日たくさんのメールや抜け毛の精密チェック依頼の封書が届きます。さいきん「いろいろな手当てをしてもよくならない」という悩みのメールがすごく多くなりました。 なぜ、よくならないのでしょうか。よくならないのは「かならず理由がある」はずです。その理由を探さなければ、むやみに手当てをしても時間と労力、それに大切なお金のロスになります。

薄毛のサイン

鏡で見ていると、どうしても「髪はまだだいじょうぶ」と楽観的になってしまいます。 しかし、現実は「毛穴の中で薄毛が進行」しており、はっきりと自覚できるようになったらすでに「進行度3」まで進行した状態となっています。

↑ PAGE TOP