理美容室の現状

理・美容師さんへ  将来のために参加しよう

理・美容師の技術だけでは食べていけない

世界チャンピオンを育て多くのスタッフを育てているオーナーが「これからの理・美容室は技術だけでは食べていけない」として、スタッフに技術以外の勉強をさせています。

しかし、現実が把握できないスタッフはコンクールのトロフィを夢見て「経営やお客様のこと」などを勉強しようとしないと嘆いています。

世界1の技術者でも「お客様が来てから」はじめて発揮できるとのこと。
ましてシロウトのお客様が技術の善し悪しが判定できるとは限りません。

腕に自信のある美容師が美容室を開設し、最初はお客様が来ていたけど、しだいに客数が少なくなってきたという話しをよく聞きます。 調査すると「先生のやっていることと、わたしが望んでいることは違う」というお客様が多かったといいます。

つまり技術力だけでお客様が来てくれるのではないのです。
技術力の他にもお客様を満足させ、来てくれる美容室にするためには、美髪や育毛の知識も必要で、髪の損傷予防と美髪、薄毛にならないための予防など、お客様が望んでいることを「他店より優れたノウハウ」を勉強する必要があります。

ただカットする、ただカラーするだけなら安い店はいくらでもあり、お客様はもっと安くきれいな見せに行くようになります。
つまり、技術だけで経営できる時代は終わっているのです。


最初から勉強しなおそう



理・美容学校で学んだことは、実際の店頭ではそれほど役に立ちません。

理・美容室で経験を積んでも、ただ仕事をしているだけならいろいろなことを覚えただけで「お客様がホントに知りたいこと、してもらいたいこと」の勉強はできません。

また「他店とは違うすぐれたメニューやノウハウ」がなければお客様は増えません。

自分たちの収入や将来は「経営者がくれるものでもなく、じぶんで働いて勝ち取る」ものでもありません。

お客様の一人一人の支払い、でじぶんの生活は成り立っているのです。

だったら「ただお客様が希望するメニュー」を処理するのではなく、もっとお客様に喜ばれる、してあげたら喜んでもらえる、他店とは違う優れた点がなければお客様は来てくれないし増えません。

それを「キャンペーンで安くしてあげたら喜ばれるだろう」など、美容室側の思惑や効率を優先させたやり方をしているから低料金店にお客様を奪われていくのです。

価格を安くと考えているお客様も多いのですが「少し高くてもきれいな髪、いい髪にしたい」と考えているお客様もたくさんいらっしゃいます。問題は、どちらのお客様に来てもらうかです。

お客様は理・美容師をカットやカラーの「技術の専門家」ではなく「毛髪の専門家」と考えています。 それなのに「勉強するのがイヤ」「口べた」など、やらない理由をつけ、技術者だからと逃げているにすぎません。
技術だけなら「できるたけ安い店」とお客様が考えるのも当たり前です。

6000円だったカラーを3000円に値下げしても「2倍もお客様が来るはずがない」し、ますます「安い店」として、髪をたいせつにするお客様の足は遠のいていきます。

値下げしたり、何もしないで客数を減らし、じぶんの収入を減らしていますし、スタッフの将来も不安にしているのです。


提案① 1泊2日で勉強

2日ある休みを利用して、集中して勉強に来る理・美容室の経営者や理・美容師が増えています。

第1日目は13時~19時まで 6時間
第2日目は10時~15時まで 4時間 合計10時間

理論と実技、店頭での説明方法など、実践形式の勉強を集中して塾形式でおこなうので、理解しやすく、教材を提供するので、返ってすぐ店頭で実践ができ、お客様への説明もできるので、成績が上げられます。

受講費用は 2日間 10時間の勉強  5万円
教材として 10万円分の商品をお渡しします。
それを店頭で使い、お客様に販売することで受講費用はペイできます。


提案② スタッフとして勤務しながら勉強

次の中から目的に合う勤務種別を選んでもらいます。

期間

内容

給与

3ヶ月

スタッフとして勤務しながら勉強

契約スタッフとして

6ヶ月

スタッフとして勤務しながら勉強

契約スタッフとして

社員として

通常の美容室勤務の社員として

社員として待遇

一般の美容室で「経験しながらメニューの勉強」をしていくよりも、じぶんの将来のために「売り上げが上げられる理・美容師」になるための勉強をしたい理・美容師におすすめします。

現在理・美容室を経営しているが「このままでは経営が困難になる」ため、短期に勉強して「新しいやり方の店舗経営」をする人におすすめします。

ただし最初はインターン並みのお給料ですよ。


↑ PAGE TOP