くすみ、毛穴の黒ずみ、洗顔が原因

なぜ洗浄成分の選択重要なのか

心身の健康に大きく影響している洗浄成分

20代と50代では、こんなに差がある

老化曲線

私たちは、毎日シャンプーや洗顔、体を洗って清潔に保つ習慣があります。

ところが洗浄成分で洗うと、汚れや老廃物だけでなく、「皮膚を保護する防御成分」や「美肌を維持する成分」まで洗い取られています。

左のグラフのように、免疫機能も、女性ホルモンの量も、コラーゲンの産生も年齢とともに同じ曲線をたどって減少しています。

そして洗い取られた成分を皮膚が再生するのに時間がかかり、再生力は、20代を100とすると40代では65%、60代では30%以下にまで遅くなっていくのです。

回復が遅れ防御力が不足した皮膚からは、今まで以上に防御膜や美肌成分が洗い落とされ、「肌の早期老化」が進行していきます。

洗浄後に乾燥するからと、保湿化粧水などでカバーしているから肌の早期老化に気がつかないだけなのです。

だから洗顔後に「保湿化粧水をつけなければ肌が保てない」とか「すっぴんでは見せられない」老化肌になっているのです。
だから、若いときと同じ洗浄習慣は肌だけでなく、体の老化も速めることにもつながるのです。

この状態は、洗浄成分を替えることで改善できるのです。


洗顔料を替えるだけでこんなに違う

使用前・使用後
使った洗顔料はレストルの「リバイブケアウォッシュ」です


元はきれいだったのに、なぜ?

肌の拡大

原因は、洗顔料と洗顔の習慣です。

毎日洗顔して防御膜や美肌成分を洗い取っているのに、肌の補修再生機能がじゅうぶんでないと、しだいに洗浄成分が皮膚の中へ侵入していき美肌環境を悪化させていきます。

つまり「やさしかった洗浄剤がダメージの原因」になっていくのです。
だから皮膚は、防御膜の代わりに「皮膚を角化させて」防御しようとするので、肌は透明感を失い、ごわついた肌になります。

肌は洗浄成分の刺激を受け続けるので、色は黒ずみ、毛穴は荒れて角化し、皮脂は酸化して、シミや糖化(黄ジミ)が現れ、毛穴の閉塞がおこり早期老化は進行していきます。


選択性洗浄機能を持つ洗顔料を

洗顔料を手に取る

防御膜の再生が遅くなっていく30才からは、保護膜や美肌成分まで洗い取る無差別洗浄成分ではなく、汚れや老廃物は洗い取っても、 保護膜や美肌成分は残す「選択性洗浄機能を持つ洗浄成分」を使うようにしなければ、肌の早期老化は進行していきます。

年齢が上になるほど「皮膚の再生機能は低下」し、「再生には時間がかかる」ので「選択性洗浄機能を持つ洗浄成分」に替えて、肌のエイジングケアをこころがけましょう。


愛用者から  これがホンネの言葉

女性

選択性洗浄機能を持つレストルの洗顔料に替えました。
肌が白くなるだけでうれしくなり、性格も明るくなるし、行動力も出てきて、周りの人の印象が大きく違ってきました。

だいいち、お化粧がかんたん。
これは働く女性には大きなメリットです。
美容液や乳液、クリームなんて使わなくても肌は保てるし、化粧水の使う量もずいぶん違ってきます。
いちばんは「ファンデの使用量」が大きく違うこと。
肌が良くなればファンデーションがこんなに長持ちすることにオドロキ。

鏡を見るのが嬉しい。
笑顔が多くなった。
周りの人の眼を気にしなくていい。
洗顔料だけで、こんなに変わるなんて。
ネットで購入。送料無料 販売店価格で購入できる、キャンペーン時に買えばおまけ付き、プロのていねいなカウンセリング、
わざわざ店で購入するより、よっぽど安くしかもかんたん。

独身で働いている身には、すごく便利です。


すぐれもの 選択性洗浄機能の洗顔料

女性と洗顔料

「これがホンモノのアミノ酸だよ」と推奨された洗顔料です。 
アミノ酸系の洗浄成分でも、手洗い用、キッチン用、シャンプー用、洗顔用、ボデイ用などいろいろあり、由来や精製法により品質も大きく違うし、価格も大きく違うそうです。 
また「感触重視」の処方と「改善重視」の処方では、大きく違うし、処方により肌や髪への作用は大きく違ってくるそうです。

「リバイブケアウォッシュ」 210ml 6,000円(税別)

価格はちょっと高めですが、会員価格でお得に購入でき、送料は無料なので働いている独身女性にはピッタリです。


↑ PAGE TOP