育毛剤が効く頭皮になるには頭皮用シャンプーが必要

その育毛法、育毛知識はもう古い NG です

頭皮、毛穴、毛根に薄毛は進行

あなたの薄毛は、育毛剤が効く頭皮? 効かない頭皮?

薄毛頭皮

頭皮の状態によっては「育毛剤は効かない」ですよ。

育毛剤はローション剤に分類され、「即効性はありますが、適用範囲は狭い」と専門書には書かれてあります。

つまり、どんな状態の頭皮に付けても「効く」ということはなく、適用範囲は狭く効かないことが多いのです。

だから「つけたら効く」と考えないで、まず「薄毛の状態や進行度をチェック」してからケアの方法を組み立てる必要があります。

育毛剤が効かないだけではありません。

効かない育毛剤でケアして、「この育毛剤は効かない」と判断する頃には「薄毛はモット進行」してしまっているのです。(育毛は時間との闘い)

薄毛を進行させ、あきらめる人も多いのです。


これらは全部、薄毛の頭皮です

育毛剤が効いたのはたったの1つ

毛穴の比較図

このことからも、育毛剤が効かない頭皮が多いことがわかります。


どんな毛が抜けている薄毛かチェック!

抜け毛の種類

ヒント

抜け毛は数ばかりではなく「どんな毛が抜けているか」が重要

上の画像は、1つを除いて、残り全部は「早急なケアが必要」と緊急信号を発している抜け毛です。
残りの1つは「カラーやパーマ」により、髪と頭皮が早期老化をおこしている抜け毛です。

髪や頭皮は、シャンプーすればきれいになるが、毛穴の中は「洗えない」ので、育毛のためには毛穴のエコロジーをよくするケアが必要です。

育毛剤など、通常のケアでは毛穴は良くならないのです。

髪は「毛穴の中で育てられている」ので、育毛剤を使うより、毛穴のエコロジー=育毛環境をよくするためのケアのほうが改善率が高いのです。


画像解析診断で「薄毛危険度」をチェック

顕微鏡

薄毛の改善率を高めるには「画像解析診断」で、くわしい症状と原因のチェックが必要です。

進行度や症状をチェックしない育毛は、時間と労力、それに費用をムダです。

失敗しないためには、まず「画像解析診断」で原因を調べることから始めます。

鏡で見て「だいじょうぶ」とか、「まだ初期」と判断しするのは、NGです

画像解析診断でチェックすると「毛穴の中は、すでに進行度3」という結果は普通にあることです。

薄毛は見た目より毛穴の中は「薄毛が3段階も進行」しているのです。

育毛の失敗は「見た目の症状でケア」しているのが1位なのです。


髪が回復すれば印象が若く変わる

薄毛のビフォアーアフター

写真(上)は、分け目が開いて地肌が見え、髪が細く弱々しくスタイルづくりに苦労していたときの写真。

写真(下)は、画像解析診断のデータを元にしたデイケアレシピを実践して、改善されていく写真。

髪は別人のようにボリュームがでて、太く立ち上がっているのがわかります。(顔まで見える写真なら、もっと印象が若く見えるのがわかります

ただ毛を増やすだけでなく、「太く髪質のいい毛が生え変わっていく育毛」のほうにしてください。

育毛剤に頼る育毛は「頭皮まではよくしてくれない」から、髪の質は変わらないし、やめれば元の状態に戻りやすい育毛なのです。

画像解析診断による育毛は「頭皮と毛穴の回復による育毛」が付加されており、周りの人から「かつらをかぶっている」と間違われるほど、印象は若く見える育毛です。


まず、画像解析診断とシャンプーから始める育毛

オーダーメイド育毛シャンプー

いきなり、育毛剤を使うケアはしない。

画像解析診断のデータを元に、まず頭皮回復のためのシャンプーを選ぶ、育毛ケアはシャンプーから始めます。

シャンプーを使い始め、経過を見ることで「老化の傾向と進行度」がわかってきます。

同じ症状の薄毛でも「どのような傾向の薄毛」か、「どのような治り方をする薄毛なのか」は、ケアしてみなければわかりません。 (コレが重要

頭皮回復用シャンプーだけで「薄毛が改善」されるケースもたくさんあります。

ということは、「シャンプーが薄毛の原因だった」、「育毛剤を使っているが、シャンプーがマイナスで効果が出なかった」ケースが多いのです。

本人の体質、また現れている症状に、どのようなシャンプーが必要か、どのような洗い方が必要かを具体的な「育毛のデイケアレシピ」を作成し、実行して頂いております。

シャンプーは毎日のように使い、生涯(90才以上) 使うのですから。
髪のエイジングケアのためにも、じぶんに適した「シャンプー選びと使い方」を画像解析で調べておくことをおすすめします。


いちどは画像解析診断をしよう

画像診断

薄毛の回復、美髪を維持する、エイジングケア、髪の将来のために、とくに、カラー、白髪染めしている人に、長い髪の美髪を維持したい人に

いま使っているシャンプーやヘアケアがじぶんに適しているか

いちど画像解析診断をおすすめしています。

とくに「頭皮の早期老化」が問題になり、自分が使っているシャンプーが頭皮の早期老化の原因になっていないかをチェックするため、画像解析診断を希望する人が増えています。(早期老化は頭皮だけでなく、脳の早期老化にも影響が

髪や頭皮のことだけでなく「シャンプーが体調にまで影響している」ことが判明し、画像解析診断を希望する人が多くなっているのです。 (界面活性剤による認知症への影響


今ならお得 画像解析診断料は5000円だが6000円の頭皮回復シャンプーを提供

薄毛の画像解析

6000円のシャンプーは「おまけ」ではありません。

このシャンプーを使うことで、頭皮と髪の状態や傾向(どのように回復していくか)を知るために使ってもらいます。

おすすめしたい人

薄毛が気になる、薄毛の改善、頭皮のトラブル、カラーやパーマ、髪が傷みやすい、豊かな毛を維持したい(エイジングケア)、生活習慣病のヘアケア

そして、人と接する職業、若さや外見を気にしなければならない職業

髪の損傷や薄毛で、いろいろなヘアケア商品を使うのではなく、シャンプーだけでヘアケアできる環境にします。


わたしに「画像解析診断」希望のメールを

画像解析診断中

ここをクリックして わたしにメールをお送り下さい。

画像解析診断の手順と内容に関してお知らせ致します。

画像解析診断で、精度の高い髪や頭皮の情報と現在の状態が解析できます。

そのデータと送られた頭皮回復シャンプーを使っての経過から、「本人の老化傾向」が判明し、どのようなケア、どのような使い方が必要かがわかります。

つまり、これからのため、将来の育毛指針がはっきりかわるのです。

いまの「シャンプーしたら髪が傷む」-「髪が傷んだらトリートメントを使う」-「それらのヘアケア商品が薄毛の原因、頭皮の早期老化の原因となる」- 「スタイリング剤や育毛剤が必要になる」といった「たくさんのヘアケア商品を使う」人生、悪循環の人生ではなく、シャンプーだけでヘアケアできるシステムを構築するための画像解析診断なのです。


画像解析診断に添付しているシャンプー

頭皮回復シャンプーだけで薄毛が回復した例

使用前使用後画像

右上の写真(スマホでは上の上)、分け目が拡がり、地肌が見え、弱々しい髪、赤い頭皮の状態から、右下の写真(スマホでは上の下)、うぶ毛が生え始め、しだいに硬毛に生え替わり、髪の色ツヤ、分け目も元の状態に回復してきています。

この写真が証明していることは

①シャンプーだけでも、じゅうぶん薄毛が改善できること。

②「シャンプーを替えたら薄毛が回復した」ということ。

③つまり、シャンプーが薄毛の原因にもなっていたということ。

が証明された写真といえます。

毎日ようにおこなう「シャンプーのわずかなストレス」が、長い時間かけて薄毛になっているのです。(だから、シャンプーで薄毛になっていると気づかない)

長い時間かけてゆっくり薄毛が進行するため、ほとんどの人は「シャンプーが薄毛の原因」になっていることに気がつかないのです。

レストルでは「頭皮の育毛環境をよくする”頭皮回復用シャンプー”を開発」し、薄毛予防のシャンプー、薄毛回復のシャンプー、美髪維持のシャンプーなど、11種類の中から目的に合ったシャンプーを提供しています。


↑ PAGE TOP